婚活

40代で結婚した人のきっかけは?意外と知らない出会いや方法

【40代で結婚した人のきっかけは?意外と知らない出会いや方法】

婚活していて、「自分は40代だから、結婚するのは難しいかも……」と悩んでいませんか?
40代というと、結婚するのがとても難しい年代だというイメージがあります。
しかし実際は、40代で結婚している人も珍しくありません。無事に結婚できた人達は、一体どうやって結婚というゴールにたどり着いたのでしょうか?
この記事では、40代で結婚できる割合や、出会いのきっかけ、結婚しようと思ったきっかけなどをご紹介します。
40代で結婚するためのポイントも解説しているので、40代で婚活を頑張っている方はぜひ参考にしてください。

①40代で結婚する人はどれぐらいいるの?

40代で婚活をしていると、どのくらいの人達が40代でも結婚できているのだろうと不安に思いますよね。そこで、国勢調査の結果などをもとに、40代でも結婚できている人達の割合を計算してみました。

まずは50歳時の未婚割合(生涯未婚率)ですが、2015(平成27)年の調査で男性が23.4%、女性は14.1%という調査結果になっています。

次に未婚率を見てみましょう。40代男性の場合、40代前半で29.3%、40代後半で25.2%となっています。女性は40代前半で19.1%、40代後半で15.3%となっており、男性とはかなり割合に違いがあります。ほとんどの女性は、50歳になるまでに早めに結婚しているんですね。

これらのデータを踏まえて、ちょっと計算をしてみましょう。
40代男性の未婚率を平均すると、男性は29.3%、女性は17.2%になります。
40代の時に29.3%もいた未婚男性は、50歳になると23.4%に少し減っています。つまり、減った分の12.1%の男性が、40代で結婚できたという計算になるのです。
同じように計算すると、40代で結婚できた女性は3.1%となります。

40代で結婚できるのは、40代男性で12.1%、40代女性で3.1%という結果になりました。男性の方も特別に高い数値ではありませんが、女性の方はもっと厳しい戦いになっているようです。
40代の結婚の状況を見ていると、婚活は、できるだけ早い内から始めておくべきなんだなぁと思います。

②40代で結婚した男女はどこで出会った?
結婚できる可能性は低めでも、40代で見事にゴールインした男女がいると分かれば、それはそれで心強い結果です。それでは彼らは、一体どこで出会いを果たしたのでしょうか? 40代の男女の出会いのきっかけをご紹介します。

②-1.趣味のサークル、習い事
テニスや趣味のサークルや、習い事で出会っているカップルが多いようです。男女比が同じくらいのサークルや習い事をやっていると、自然と仲良くなっていくのでしょう。
私の知人の40代夫婦は、ボードゲームサークルで知り合い、結婚に至ったそうです。ボードゲームというと若干マニアックな感じがして出会い率が低めな気がしますが、話の合う相手と出会うには、これ以上うってつけの場所はないでしょう。
また、私の場合はインターネットの小説サークルで、自分と同じジャンルの本が好きだという男性と知り合ってお付き合いしたことがあります。小説サークルはとても地味ですし、普段の活動はインターネットで、しかもメンバーも少なかったのですが、どんな世界にも出会いは転がっているものだなぁと思いました。
ただし、どんなサークルでもOKなのかというと、それは違います。たとえば野球やクラシックバレエ、お料理教室なんかは性別がどちらかに偏っていますよね。それでは出会いは期待できません。異性が多くいるサークルに参加すると相手を選びたい放題なイメージがありますが、出会い目的だと思われてしまうと、警戒されてしまう可能性があります。

②-2.職場
職場も大事な出会いの場です。
私の知り合いは、自分の会社ではなく、出向先で出会った人と結婚しました。同じ部署の人がたまたま近所に住んでいる人で、行き帰りで顔を合わせることが多かったというのがきっかけだそうです。本人は「40代で結婚なんてしないと思っていたのに、まさかの出会いが転がっていて……」と照れていました。出向先というのは盲点ですね。

②-3.出会い系サイト、マッチングアプリ
婚活中の方なら登録していることも多いと思われる、出会い系サイトやマッチングアプリ。サクラが多いところもありますし、少し危険なイメージもありますが、うまくいけばすぐに出会える便利なサイトです。
出会い系は、会う前にじっくりメッセージ交換できるのがいいですよね。そこで「この人は本気で婚活をしている」ということが分かると、すぐにお付き合い開始となるケースが多いようです。
私もアラサーの頃から使っていますが、不真面目な出会いのメッセージは無視して、真面目な男性からのメッセージだけを見抜いてやりとりしていたら、何人かの方とお付き合いすることができました。スピード重視なら絶対に出会い系・マッチングアプリがおすすめです。

②-4.40代限定婚活パーティー
定番ですが、年代を限定した婚活パーティーでの出会いも馬鹿にできません。参加者の40代は、誰もが崖っぷち状態。焦っているのは自分だけではありません。
趣味などで参加者を分けている婚活パーティーは、実は趣味に嘘をついている参加者がいたり、実は結婚する気のない若者が混じっていたりして、効率がとても悪いです。
手当たり次第に婚活パーティーに行っても、若者からオジサン・オバサン扱いされて終わりです。参加するなら40代限定のところにしましょう。

②-5.オタク限定婚活パーティー
オタクの方だと、オタク限定の婚活パーティーで結婚したという話も聞きます。実はそんなサービスがあるんです!
好きな漫画やアニメ、ゲームなどをプロフィールに書いておけるので、話が弾みます。オタクの聖地・秋葉原の近くで行われるものもあるので、カップル成立後にそのまま秋葉原へ繰り出す人達も。すぐにデートもできていいですね。

②-6.同窓会
同窓会といえば、昔の仲間と久しぶりに会える数少ない機会です。40代にもなるとほとんどの方が結婚していて、「本当に出会いなんかあるの?」と思うかもしれません。
統計上は、男性が23.4%、女性は14.1%が50歳でも未婚だということになっています。40代の同窓会で、参加者がそれなりにいるのであれば、異性の何人かは未婚である可能性が高いです。
「30代の時に行ったけど、未婚の人なんかいなかった!」と言う方もいるかと思いますが、そんな場合はバツイチの人を狙ってみましょう。最近は離婚する夫婦が増えてきていますが、それはつまり、バツイチがどんどん増加しているということです。以前は既婚者だった初恋の人が、次に会った時はバツイチになっている可能性だってあるんです。バツイチの方も次の結婚相手を探している可能性がありますから、これはチャンスですよ!

③40代で結婚しようと思ったきっかけは?
40代未婚の方達は、若い頃から婚活を続けている人ばかりではありません。中には40代になってから、突然結婚したくなったという方もいます。どんなきっかけがあったのか見ていきましょう。
 
③-1.子供が欲しくなった
40代になると、両親の老いが気になるころ。そして自分の周りは結婚していて、両親に孫の顔を見せている。
そんな周囲を見ていると、「親が死ぬ前に孫の顔を……」と思い立ち、40代から婚活を始める方もいるようです。女性で40代だと高齢出産が心配ですが、男性の場合は40代でもギリギリ大丈夫ですからね。
私の知り合いの女性は、40歳ジャストで無事に出産しました。体が健康であれば、女性もまだまだ望みはあります!

③-2.家計を支える大黒柱がほしい
最近は、低収入だったり、収入が不安定だったりする人達が増えています。とても心配の多い生活を送っている内に、家計を支える大黒柱になってくれる人を探し出すという人が大勢いるようです。
一昔前であれば、大黒柱といえば男性でした。しかし現代は低収入の男性が増えており、逆に高収入の女性も増えてきています。女性は今まで通り「稼ぎの良い旦那をゲットして、生活を安定させたい」と思い、男性は「自分よりも稼いでいる女性と結婚したい」と思うのです。

③-3.将来が不安になった
40代になると、将来への不安が一気に押し寄せてきます。「このまま独りで暮らしていて、何かあったらどうしよう」「老後の心配が……」「孤独死は嫌だなぁ……」。インターネットでサッと見ただけでも、40代の将来の不安がわんさか出てきます。
先日ネットニュースで見たとある夫婦は、お互いの老後のことを考えて、50歳手前で結婚を決めたそうです。一緒に住んでいて安心できる相手と、将来の心配をなくすために結婚をする。こんな結婚動機もアリなのではないでしょうか。

③-4.相手に恋をした
「子供が欲しいから」「大黒柱が欲しいから」。これらの理由を聞くと、「じゃあ、相手は誰でもいいの?」と思ってしまいますよね。結婚というのは恋愛とは別物で、いわば契約のようなものなので、当然のことではありますが。
でもそんな“大人の結婚”でも、ピュアな恋心が結婚の決め手になる場合もあるようです。「どうしても○○さんでないと嫌だ!」という強い気持ちがあり、結婚に至るケースです。
恋愛は若い頃だけのことだと思いがちですが、運命の相手と出会うことができれば、こんなこともあるのかもしれません。

④40代で結婚するための3つのポイント
40代でも結婚のチャンスはありますが、結婚できる確率はかなり低めです。40代で結婚するにはどんな部分に気をつけたらいいのか、3つのポイントをご紹介します。

 ④-1.相手の学歴や収入にこだわらない
女性が婚期を逃す原因としてよく挙げられるのが、相手の学歴や収入に対する望みが高すぎること。高学歴、高収入の男性は、40代になるとほとんど残っていません。そんな凄い男性を探していると、あっという間にアラフィフになってしまいます。とりあえず仕事をしていれば生活はできますし、男性がかなりの低収入でも女性側が支えればいいだけです。結婚して贅沢をしようなどとは絶対に思わないでください。
男性も、女性側のステータスをあまり気にしないようにしましょう。私の経験では、アラサーの男性は、自分よりも学歴や収入が上のハイスペックな女性を避ける傾向にあると思います。どうやら「男の方が優位に立ちたいので、自分よりも優れている女性は嫌だ」という気持ちがあるようです。でも、それってとても幼稚な考えだと思いませんか? 
私の知り合いに40代で結婚した男性がいますが、その男性は年上で高学歴、高収入のアラフィフ女性と結婚しました。男性は低収入で低学歴ですが、お互いに思いやりの心を持ち、幸せな結婚生活を送っています。ハイスペックな年上女性を狙うのも手ですよ。

 ④-2.容姿に気を遣うべし。結局、若々しい方がモテる
ほとんどの方が「どうせ結婚するなら美女が良い」「旦那にするならイケメンが良い」と思っていると思いますが、40代で美しい容姿を保っている人はとても稀です。芸能人なら、歳をとっても若々しい人は大勢いますが、一般人にそれを求めるのは無理というものです。
「オジサンくさい」「オバサンくさい」のは、40代にもなればお互い様です。あまり相手の容姿にこだわらず、内面を見て魅力を見つけてください。
ただ、あまりにも年齢を感じさせる容姿は、やはり少し抵抗がありますよね。誰もができれば若々しい人と結婚したいと思っていますから、自分自身の身だしなみにも気を配るようにしましょう。老けて見えるよりは、若く見えた方が、相手に気に入ってもらえる確率がアップします。相手の容姿だけでなく、自分の容姿も気にしましょう。自分は選ぶ側ではなく、選ばれる側でもあるのだということをしっかり自覚すべきです。

④-3.大勢の人と交流する
40代になると、若い頃よりも仕事が忙しくなって、休日は電池切れになって家で爆睡……なんてことも。しかしそんな仕事中心の生活を送っていては、出会いなんかあるはずがありません。若いだけで注目される20代や30代と違い、40代は並々ならぬ努力をしなければ出会いを見つけられないのです。
40歳になると、合コンに呼ばれることもなくなり、出会いのチャンスが大幅に減ってしまうようです。しかも合コンというと、いかにも若い人向けという感じがして、参加するのを躊躇ってしまいますよね。
それであれば、他の出会いの場に積極的に顔を出せばいいのです。趣味の教室やサークルであれば、参加者の年齢の幅が広いことが多いので、40代でも浮きません。近場でもいいので、自分が参加できそうなサークルや教室に連絡を取ってみましょう。そこが駄目なら、次の手を考えればいいのです。まずは大勢の人と交流をしてみましょう!
自ら行動しなければ、ゴールは遠のいていくばかりです。

⑤.まとめ
40代で結婚するのは少し大変そうですが、出会いの場に顔を出せば、結婚のチャンスは巡ってきます。結婚相手のステータスを気にせずに婚活をすれば、それなりに相手はいるはずです。自分自身の身だしなみを整えて、婚活パーティーやサークルなどに積極的に参加しましょう。

-婚活

© 2022 明日花キララのナイトブラ|【ふわっとマシュマロブラ】の最安値情報!!